元旦那と再婚した復縁エピソード

離婚した元旦那と復縁できた方法とは?

 

元旦那と復縁

 

離婚した夫婦の復縁というのは
恋愛カップルに比べて少なくなります。

 

それは恋人が別れることより夫婦の離婚のほうが、
圧倒的に少ないことから仕方のないこととも言えます。

 

それでも、離婚から元夫(元旦那)と
復縁し再婚したという話は普通にありますし

 

「主人と復縁して幸せな夫婦に戻れた」

 

という体験談も少なくありません。

 

元旦那 復縁方法

 

あなたが元旦那と復縁したいと思うのであれば、
再婚できるようベストを尽くしてほしいと思います。

 

今回は実際に元旦那と復縁できた女性の
体験談を紹介しながら成功した方法を解説します。

 

元旦那と復縁できた体験談

 

30代女性の旦那との復縁エピソードを紹介します。

 

少し長いですが参考になると思うので是非読んでみてください↓↓

 

25歳で結婚して、30歳で離婚しました。

私のちょっとした浮気が原因でお互い喧嘩をして別れました。

 

離婚の手続き処理が一通り終了してから
気持ちも一段落したのですが・・・

 

離婚後、心にぽっかりと穴があいてしまい、
元旦那と離婚をしたことを深く後悔していました。

 

元旦那と復縁

 

私の浮気が原因なので、避けられたかどうかは分かりませんが、
とにかく離婚してしまった後悔が強くなるばかりで、

 

そして日々が過ぎる程に元旦那と
復縁したいという気持ちが強まっていきました。

 

試しに元旦那に電話をしてみたのですが、
出てもらえず折り返しもなく無視されてしまいました。

(今考えるとあたり前だと思いますが)

 

自分ではどうして良いのか分からず、
私は復縁する方法をインターネットで調べてみました。

 

そこで小野田ゆうこ先生の復縁相談を知り、
それからは相談をしながら復縁を目指していきました。

 

元夫と復縁

 

まだ離婚してから3カ月くらいだったので、
小野田先生のアドバイスにより、我慢して
しばらく元旦那と距離を置くことにしました。

 

その間に自分磨きなど元旦那に再び振り向いてもらう為に
出来る限りの努力をしていきました。

 

そして離婚して6カ月くらい経ったときに元旦那から電話がありました。
私への郵便物が届いているので渡したいと言うのです。

 

小野田先生に相談してみたところ

 

「郵送するのではなく会って渡したいということは、
 お相手様も未練を持っている可能性が高く、
 復縁の為にアプローチするチャンスになる」

 

というアドバイスを頂き、
私は一緒に食事をすることを決め、
久しぶりに元旦那に会いに行きました。

 

離婚から復縁

 

しばらくは、お互い気まずい雰囲気で会話もぎこちなかったのですが、
小野田先生に頂いたアドバイスを参考にしながら、
出来る限り元旦那と仲を縮められるよう努力しました。

 

すると

 

「やっぱり、お前がいないと寂しい」

 

「お前といるとホッとする」

 

とポツンと言ってくれたのです!
その言葉はとても嬉しかったです。

 

それからお互い素直な気持ちになり、
度々会うようになりました。

 

そして離婚してから8カ月近く経過していましたが
もう一度やり直すことを決め、
さらに1年後には再婚することができました。

 

離婚から復縁

 

復縁できたのは小野田先生の
アドバイスのおかげだったと思います。

 

連絡の取り方やタイミング、
メールや話す内容など
様々なアドバイスを頂きどれも為になりました。

 

再婚してからは幸せな日々が続いていますし
小野田先生には本当に感謝しています。

復縁体験談は以上となります。

 

あなたも復縁相談してみませんか?

 

元旦那との復縁体験談を読むことで、
希望が湧いたり励みになったと思います。

 

そして、正しい復縁方法を実行していけば
離婚から再婚できる可能性はあると感じたと思います。

 

状況に応じた正しい復縁方法を知るには、
体験談にあった専門家への相談がとても有効になります。

 

元旦那と復縁

 

状況に応じて的確なアドバイスを貰うことができるので、
実行に移すことで復縁できる可能性は高くなります。

 

私も相談したことで復縁できた一人で、
本当に沢山の方が相談し復縁に成功されています。

 

あなたも復縁相談してみませんか?

 

こちらから無料相談することができますよ^^

 

元夫との復縁方法 小野田ゆうこさんの復縁相談の詳細はこちらから

 

元旦那 復縁

 

あなたも元旦那と復縁できる可能性があるはずです。
可能性を信じて一度相談をしてみてください。

 

当記事の最終更新日:2019年11月24日